FRP防水

住まいの長所と短所の研究室 住まいの長所と短所の研究室 アイコン

FRP防水の長所・良いところ

FRP防水は、繊維強化プラスチックのことです。
防水したいところに補強のガラス繊維などを敷き、現場で硬化するプラスチック系樹脂を塗って作る防水工法です。

いろいろな形に対応しやすいので、複雑な形状にも適応できる防水材料です。
継ぎ目がないので、防水性能が優れている点も特徴です。

FRP防水は、補修も比較的簡単という特徴があります。
既存のFRP防水の上から再び樹脂を塗ることで、新品同様の防水性能を取り戻すことが出来ます。

耐根性に優れるので、屋上緑化にも対応しやすいという点も見逃せません。
植物の根が防水層を突き破れない強度を持つので、屋上緑化を行うベランダなどの防水にも利用しやすくなります。

FRP防水の短所・悪いところ・欠点

FRP防水は、紫外線に弱い点が最大の欠点です。
プラスチックなので、紫外線が長期間当たると劣化してひび割れてしまいます。
そこで紫外線を防ぐ塗装部分の耐久性により、メンテナンスの周期が決まるのです。

工程が多くなるので、コストも高くなります。
通常はガラス繊維を2回以上重ねて防水層とするので、塗装の回数も含めるとかなりの手間がかかります。

FRP防水は硬化する際に化学物質も発生するので、シックハウスに注意する必要があります。
樹脂を使用するので、乾燥する際にどうしても化学物質が発散してしまいます。
乾燥すれば問題は無いのですが、工事中は特に注意が必要です。

素材の分離が難しいのでリサイクルが難しい点も、長い目で見れば弱点といえるでしょう。
繊維部分と樹脂部分を分離しにくいので、リサイクルも難しくなるのです。

FRP防水は伸縮しにくいので、木造の広いベランダ防水には向きません。
強度は高いものの伸縮は苦手なので、変形量が大きい木造の伸縮には付いていけなくなり、防水が切れてしまいます。

FRP防水は、最近の木造住宅の防水には良く使われる防水材料です。
継ぎ目がなく防水性能が高い点が特徴ですが、紫外線に弱い為に、屋外で使用する場合には定期的なメンテナンスが欠かせません。
若干コストが高めな点も弱点ですが、隙間や継ぎ目を無くせるので、防水性が高くなります。
いろいろな形に対応できる、便利で高性能な防水材料なのです。

FRP防水 アスファルト防水 シート防水 塗膜防水
金属防水・特殊平滑葺


   住まいの長所と短所の研究室 アイコン  住まいの長所と短所の研究室 はリンクフリーです。                    2010年11月12日更新

住まいの長所と短所の研究室    copyright 2009-2014 kaNazu All Rights Reserved